Category: Python基礎

【Pythonのデータ型】集合型の基本

Pythonの集合型は、重複する要素を持たない要素の集まりを表すデータ型です。複数の要素を持つという点で、リストやタプル、辞書型と似ている点もありますが、それらのデータが、主に保存された値を個別に扱う(インデックスを用い

続きを読む »

【Pythonのデータ型】辞書(dict)型の基本

辞書の基本 Pythonの辞書型(dict型)は、キーと値の組み合わせを格納することができるデータ構造です。リストやtupleとの違いは、キーに数値だけではなく、文字列やtupleなどのHashableな値を使用できるこ

続きを読む »

【Pythonのデータ型】tuple型

タプル(tuple)型とは? Pythonのtupleは、要素が順序付けされた値の集合(コレクション)です。Excelの1行、または1列のように順番に値が入ります。値の取り出し方など、多くの点で共通しているので、リスト型

続きを読む »

Python で条件分岐:if 構造と真偽値

条件分岐とは? 条件判断と処理分岐、あわせて「条件分岐」です。Python では、与えられた条件式を評価し、その結果に応じて処理内容を変えます。 基本 #if 条件式: i = 0 if i == 0:   print(

続きを読む »

Python の文字列型

基本 文字列の記述方法 数値は整数、浮動小数点ともに、直接数値を記述していましたが、文字列の場合、’ シングルクォーテーションまたは ” ダブルクォーテーションでくくった部分が文字列として認識され

続きを読む »

Python の for ループの基本と文法

ループとは プログラミングにおいては、繰り返し同じ(似たような)処理を行うこと、またはその記述方法・文法のことをループと呼びます。 ループ文やループ構造とも表現されます。 Python の for ループ Python

続きを読む »

Python の数値型と基本的な演算

Python の数値型 Python には、整数型(Integer, Int)と浮動小数点型(float)の 2種類の型があります。 Python では、型の判別・表示には type  関数を使用します。 num_i =

続きを読む »

最新の記事