モバイル環境でもEvernoteにクリップする

こんにちは。前回はPCなどのパワフルな端末からWebをクリップする方法をご紹介しましたが、今回はスマートフォンやタブレットなど、まだまだリソースが限られている端末からクリップする方法です。

iOS上のSafariからWebをクリップする

iOS8以上

iOSでWebをクリップするには、バージョン8以上が必要になります。

まず、iOSを8以上にし、更にEvernote for iPhone・iPad(入っていなければ)をインストールします。

画面右上にある「共有ボタン」をタップすると、様々な共有方法が出て来ます。が、Evernoteは標準では表示されないようなので、「その他」をタップします(見つからない場合、スワイプすることで上段の右側に出てくると思います)。

「アクティビティ」設定画面が出るので、共有したいアプリをオンにしておきましょう。

無事に設定できていると、Evernoteのアイコンが追加されているはずなので、それをタップします。

Evernoteのクリップ用のポップアップが出て来ますので(環境によっては少し時間がかかるかも知れません。筆者の年季の入ったiPad Retina第一世代では少し待ちました)、ノートのタイトル、メモ、保存するノートブックを選択して保存すれば完了です。

なお、iOSの場合、共有用アイコンの並び順も変更できるので、使いやすい場所に移動させてもいいでしょう(アイコンをプレス&ホールドして動かせば動きます)。

 

Android上のChromeからクリップする

こちらは、iOSと違って前準備がほとんどいりません。

Evernote for Android 6以降をインストールしてあれば動作します(最新版ならほとんどの場合問題ない)。

まず、右上にある…を縦にしたような詳細アイコンから、「共有」メニューを選択します。

筆者の環境では、「共有…」の右に既にEvernoteのアイコンが出ていますが、これはよく使う(または前回使った?)アイコンが出ているようなので、とりあえず普通に「共有…」をタップします。

共有メニューの中に、Evernoteがあるはずなので、それをタップすると共有が始まります。

スクリーンショット_060515_091034_PM

 

その状態で、画面下部中央にでる「象」アイコンをタップすると、クリップを編集することができます。

クリップしたノートを保存する保存するノートブックの他、タグを追加したりできます。クリップの方式は、通常「記事全体をクリップ」でいいでしょう。

もう一度「象」アイコンをタップすると、共有が始まります。

次回から……

「共有…」メニューにEvernoteの象アイコンが出ている場合、それをタップすれば直接Evernoteでのクリップが始まります。

前準備が要らない分、逆にAndroidの方はアクセスするまでが面倒ですね(タブレット端末なら別かもしれませんが)。

 

モバイル端末でクリップしたノートのスタイルを除去する

モバイル端末でのクリップの場合、通常、Webページをそのままの状態でクリップします。

上図はドロップダウンのメニューなんかが消えていますが、ほぼ見たままクリップされた状態です。

モバイル端末で表示されている状態なので、通常はこのままでも問題ないのですが、PC対応サイトを無理矢理見ようとして保存した場合など、いくらか問題がでることがあります。

あるいは、自分のメモを追加したりして編集したい、というような場合です。

そういったときは、Windowsクライアントの場合……

  • フォーマット→書式を簡略化
  • フォーマット→書式設定を全て削除

のいずれかで書式をキレイにすることが出来ます。

上図は簡略化された書式。リンクや画像はそのまま残っているのが分かります。

 

こちらは完全に削除された書式です。余りにもシンプルですが、コピペしたり追記したりして、自分用の資料として体裁を整えて行く場合、こちらの方がいいこともあるでしょう。

 

最後に

いかがだったでしょうか? 今やほとんどの人がスマホを持ち歩き、かなりの割合の人がタブレット端末を持って、スマホでテザリングしたりモバイルWi-Fiを使ったり、あるいはタブレットでも4G回線を契約したりしている時代です。

Evernoteを使ってPCからモバイル端末に、だけではなく、モバイル端末からPCにもノートをどんどん送ることで、出先や移動中に必要な資料を集めて、オフィスのリッチな環境でメインの仕事を効率的に片付ける、というだけでもかなり効率的な仕事術となるのではないでしょうか?

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です