Auto Hot Keyをインストールしよう!

みなさんこんにちは。楽して仕事していますか?

今回は、どうしてもPulover’s Macro Creatorの元になったAuto Hot Key自体をインストールしないといけなくなったので、そのやり方をご説明します!

AutoHotKeyのインストール

上記公式サイトの

凄く分かりやすいダウンロードボタンからAutoHotKeyをダウンロードします。

ダウンロードしたインストーラー(exeファイル)を起動すると、

このようなインストールの選択画面になります。特にこだわりがなければ上のExpress Installation(高速インストール)を選択しましょう。

インストール場所を選びたーい! という場合などは下のCustom Installationを選びましょう。また、この時、Express Installationに記載されている「64bitまたは32bit」の数字は覚えておくといいかもしれません。

今回はCustomでインストールしてみたいと思います。とくにこだわりがなければUnicode 64bitを選んでください。

ただし、仕事で他のPCにexe化したマクロを移したい&他のPCが32bitの場合がある! というときなどは「Unicode 32-bit」を選択してください(動作させたいPCにAutoHotKeyをインストールできる場合は64bitで問題ありません)。

「ANSI 32-bit」版は、日本人で日本語を使う場合は選んではいけません。

昔からAuto Hot Keyを使っていて、Unicode版ではどうしても動かないスクリプトがある……という方のために用意されているオプションですね。

 

※マクロのexe化って?

Auto Hot Keyでは作成したマクロ(テキストファイル)をWindowsの実行ファイル形式(.exe)に変換(コンパイル)することができます。

こうすることで、Auto Hot KeyをインストールしていないPCでもコンパイルしたマクロをコピーするだけで同じ動きをさせることができるようになります。

また、詳しくないユーザーが間違って編集してしまって、動作しなくなる……というようなことも未然に防ぐことが出来ます(実行速度の向上も期待出来るのかもしれませんが、大体の場合大差ないと思います)。

 

インストールするバリエーションを選択すると、インストールするフォルダと、スタートメニューにショートカットのフォルダを作るかどうかの選択です。

筆者はプログラムをインストールするフォルダは分けているので標準のCドライブではなく、Dドライブに変更しました。

また、ショートカットのフォルダは、右側の赤い「×」をクリックすることで作成しないこともできます。

 

さらに、細かなインストールオプションが表示されます。

1番上は先ほども説明した「Auto Hot keyのマクロ(Script)をexeにする」ソフト(コンパイラー)をインストールするかどうかです。

また、これをインストールすると.ahk(auto hot keyのマクロファイル)を右クリックしたときに、「コンパイルする(Compile)」メニューが表示されるようになります。

特に理由がない限り入れておくといいでしょう。

2番目は、.ahkファイルに他のファイルをドラッグ&ドロップした際に、そのマクロを実行するかどうかです。このオプションを有効にしておくと、ドロップされたファイルを使ったマクロを作成することができるようになるので、これも理由がない限り入れておくといいでしょう。

3番目は、ちょっと英訳に自信がないのですが……このオプションにチェックをいれていると複数のマクロを同時に実行した場合に、タスクバーに複数のボタンを表示することができる、でしょうか。

タスクバーの小さいアイコンが複数表示されるのが気になる場合はチェックを外してもいいかもしれませんが、タスクバーのアイコンから色々操作しますので、基本的には入れたままでいいと思います。

インストールが完了するとこのような画面が表示されますので「Exit」をクリックして終了します。

というのも、Auto Hot KeyはPulover’s Macro Creatorや国産マクロツールの雄「UWSC」のようなGUIによる親切な操作画面などはないからです。

そのため、なれるまではPulover’s Macro Creatorで作ったマクロをエクスポートして、テキストエディタで細かい部分を後から修正するなどして慣れていくといいと思います。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です